スポーツ障害

きむら鍼灸整骨院は根本的なアプローチが可能です
  1. 同じ所ばかり負傷してしまう
  2. 肉離れになりやすい
  3. 成長期特有の痛みがある
  4. 大事な試合が近いのに身体に痛みが出てきた
  5. 大事な試合が近いので身体のコンディションを整えたい
  6. 身体の使い方が正しいのか気になる

スポーツ傷害とは

スポーツ外傷とスポーツ障害のことを合わせてスポーツ傷害といいます。

スポーツ外傷とは

スポーツ中に、発生した明らかな外力によるケガのことをいいます。

→骨折・脱臼・打撲・捻挫・挫傷など

スポーツ障害とは

明らかな外傷の既往がなく、スポーツを続けることによって(通常は繰り返す負荷)
生じたケガのことをいいます。

オスグッド病・シンスプリント・アキレス腱周囲炎・腸脛靭帯炎・膝蓋靭帯炎・足底腱膜炎・鵞足炎・疲労骨折・腰椎分離症・腰椎骨折・投球肩・野球肘・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)・ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)・腱鞘炎など

スポーツ外傷の応急処置

応急処置の手当の基本はRICE処置と言われてきました。

 

Protection(保護)、Rest(安静)、Ice(冷却)、Compression(圧迫)、Elevation(挙上)

これらの頭文字をとったものであり、スポーツを始め外傷の緊急処置の基本と言われています。

 

しかし、近年においては、急性損傷の早期管理として必要以上の固定、安静は悪影響を及ぼすことが分かってきており、
安静(Rest)を、Optimal Loading(最適な負荷)に置き換えたPOLICE処置という概念が広まりつつあります。

Protection(保護)

装具やシーネなどで損傷組織を保護し、再受傷、悪化を防ぐことを目的とします。

Optimal Loading(最適な負荷)

早期に最適な負荷をかけることで最適な組織修復を促すことを目的とします。
各組織、部位に対する適切な負荷は専門家の意見を聞いてから行うことを推奨します。

Ice(冷却)

疼痛の緩和、異常な筋収縮パターンを改善することを目的とします。

Compression(圧迫)

患部の内出血や腫脹を防ぐことを目的とします。

Elevation(挙上)

浮腫の軽減を図ることを目的とします。

当院での治療方針

当院は、スポーツ選手やスポーツ愛好家を応援しています。

 

スポーツによるケガや障害を、早期に回復させることを目的にしています。


筋肉や腱の問題では、組織の修復を促す最適な負荷を加えて施術していきます。

お身体の状態によっては、ハイボルト療法などの物理療法を用いた施術を提案させていただきます。

※アキレス腱周囲炎・膝蓋靭帯炎・オスグッド病・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)・ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)・腱鞘炎なども適応します。

 

当院では、スポーツによるケガや障害の回復、
運動動作のチェックや身体の使い方などのコンディショニングまでトータルで行なっています。

当院では、スポーツ経験者やスポーツトレーナー経験者が治療にあたらせていただくため、

各スポーツの専門的な分野のお悩みまで対応させていただきます!!


また、ケガの回復後も、ケガになりにくい身体もし再びケガをしてしまっても回復しやすい身体づくりを目的として、
来院をおすすめさせていただきます。

 

どんなことでも、一度お気軽にご相談ください!!